カテゴリ:特集

2016/10/08

大人女性向けお洋服のファッションコーディネーターが考える、夏のレディースコーディネート

夏の強い日差しの中、明るい華やかな色はとっても映えます。
重ね着ができないからこそ、明るい色やディティールでお洒落に差をつけ、暑くじめっとした夏を、明るい印象で乗り切りたい。
汗をかくので素材選びも慎重になり、手洗い可能な商品かどうかも気になるところです。
そんな大人世代の悩みもこのブログで解決して頂けたらと思います。

夏を快適に過ごす為のファッションコーディネートとは?
【素材編】

夏の定番天然素材コットン・リネン
コットン素材は肌触りが良く、吸水性・保湿性に優れていますので、夏の定番素材ですね。
リネン素材は、夏の代表的な素材です。
シワになりやすい特徴はありますが、その分、肌への接着面性が少なくなり、清涼感を与えてくれるというメリットがあります。
素材でトップスとボトムの組み合わせも難しい所です。
同素材で、セットアップの物であれば間違いは無いのですが、素材の薄いモノと厚いモノとの組み合わせも意外とバランスが難しいです。
出来れば、素材感の違いが分かり易く、季節感が表現しやすい素材を必ずポイントで入れたいですね。

夏コーディネート, 素材

夏を快適に過ごす為のファッションコーディネートとは?
【色の組み合わせ編】

色の組み合わせは、季節感もあるので大切です。
色を使いすぎてしまうと、折角のコーディネートが台無しになる事もあります。
そこで、使用する色は3色までに抑えると、調和のとれた配色になります。
初めに、主役に持ってきたい色を決めてしまえば簡単。
主役の色が決まったら、それ以外はベーシックな色でまとめればお互いが引き立ちます。
夏は冬と違い、明るめのキレイな色を着たいですね。見た目が涼し気に見える様にコーディネートするのも大事なポイントです。

カラーバリエーション, カラー, 組み合わせ

夏を快適に過ごす為のファッションコーディネートとは?
【夏のアクセサリー編】

夏の光は何処となく元気がある光のような気がします。
その光をうまく使い、夏のアクセサリーが輝けば、洋服も輝きます。
夏の洋服の色も濃い色が多いかと思いますので、少し抜け感のあるアクセサリーがバランス良く輝いてくれます。
透明感のある「スワロフスキー」や気軽で身近な「シルバー」など、見た目も涼し気に見えるのが大切です。

夏服の保管方法

衣類は保管する前に、必ずクリーニングに出しましょう。

一度でも着たものは、綺麗に見えても汗などが付いております。
そのまましまえば、必ずシミになってしまいます。

クリーニングから帰ってきた衣類は、出来るだけ早く、清潔なほこり除けに包みましょう。

今は通気性の良い、専用カバーも販売されています。

普段着のニットなどの場合は、圧縮袋に入れたり、新聞紙を保管場所の下に敷いて、湿気を吸い取ったりするようにしましょう。

クリーニング, ハンガー干し